top of page

下山時の注意事項

ヒルクライムレースは、競技中の事故よりも圧倒的に下山時の事故リスクが高く、事故が発生した場合、重篤なケースが多いです。参加者の皆様は、以下を熟読頂き、大会の安全管理・運営にご協力をお願い致します。

●下山前に必ず​ブレーキ、ブレーキシューの確認、及び、ブレーキ動作確認を実施してください。(不安な方はメカニックにみてもらいましょう)

下山時は、防寒着の着用を義務付けます。

●下山は、11:30(予定)から数パックで行います。必ずスタッフの指示に従ってください。

●各パック先頭のコントロール車両、または、サポートライダーを追い抜くことは厳禁です。違反した場合、記録抹消・次回以降参加禁止と致します。(参加費の返金もお断りします。)

●縦横、安全な車間を十分保ち走行願います。

●下山ルートは、往路(来た道)と同じコースを戻りますが、競技にて体力・脚力を著しく消耗した方や、カーボンホイール(下山用ホイールを手荷物で預けなかった)の方は、素直にシャトルバスで下山してください。(バイクもパレード開始地点まで搬送します)

●途中、チェーン脱着場で一時停車し一列走行に隊列を変えます。(この地点以降も極力追抜きはしないでください。必要な場合は、周囲の安全を十分確認し、声かけをして追抜きをしてください。※但し、パック先頭のコントロール車両・ライダーは、目的地まで追抜き厳禁です。

bottom of page